梅津五郎について

梅津五郎ギャラリー

基本情報

≪自画像≫1987
≪自画像≫1987

 山形県白鷹町生まれの洋画家です。画業を志して上京し、森田茂・熊岡美彦の両氏に師事しました。東光展と日展を主な発表の場として活躍し、1956(昭和31)年の第12回日展では、自らが働く中華料理屋を描いた<調理場>が独特の生活感を評価され、特選を受賞しました。鮮やかな色彩と分厚い筆致に特徴があります。東光会理事長や日展参与などの重責も担いました。

 晩年、白鷹町に代表作など120余点の作品を寄贈し、それらは当館に収蔵されています。


生涯と作品

≪裸婦≫1941
≪裸婦≫1941

○上京
 1920(大正9)年、山形県西置賜郡東根村(現在の白鷹町浅立)に生まれました。
東根尋常小学校を卒業後、1938(昭和13)年に画家を志して上京。姉の元に身を寄せ、昼は絵の勉強、夜は姉の飲食店で手伝いをする生活を送りました。1939(昭和14)年、知人の紹介により、帝展特選の洋画家である森田茂に師事します。ところが、森田は制作で地方に出掛けることが多かったため、1941(昭和16)年、森田の師である熊岡美彦の絵画道場を紹介され、入門しました。ここで、石膏デッサンや人体の写生といった洋画の基礎を学び直し、その甲斐もあり1943(昭和18)年、第11回東光展に《机上静物》が初入選します。

○戦争
 1944(昭和19)年には、痩せて43キロしかない梅津も戦争に召集され、画業は中断されます。補充兵として応召、盛岡の戦車隊に入隊しました。訓練後、北海道帯広に転属、その後駐屯していた徳島県板東で終戦を迎えます。


≪調理場≫1956
≪調理場≫1956
≪秋≫1946
≪秋≫1946

○戦後
 1946(昭和21)年、第2回日展に郷里の山形を描いた《秋》が初入選します。以後、東光展と日展とが主な発表の場となりました。戦後しばらくは全体に色彩を抑えた作品が多く、「調理場」シリーズや「酒屋」シリーズといった独特の生活感を感じさせる作品を描きます。1956(昭和31)年の第12回日展では、自らが働く中華料理屋を描いた《調理場》が特選を受賞しました。


≪HOTEL RIBELIA≫1963
≪HOTEL RIBELIA≫1963
≪郡家≫1964
≪郡家≫1964

○フランス留学
 1962(昭和37)年には8ヵ月に渡りフランスに留学します。滞仏中は教会や風景など多くのものを描き、それ以前とは一転して色彩が豊かで鮮やかになりました。1964(昭和39)年の第7回新日展では、南仏の古い家並みを描いた《風景》が特選を受賞します。


≪昼の月≫1993
≪昼の月≫1993
≪蔵王秋色≫1971
≪蔵王秋色≫1971

○日本各地に
  浅草鳥越から下落合に引っ越した1967(昭和42)年頃から、制作の取材のために日本各地に赴くようになります。滞欧期に培われた豊かな色彩感を活かし、極めて厚塗りなタッチで日本の風景を描きました。中でも郷里山形には度々訪れ、蔵王を描いたシリーズは代表作といえます。

○80年代以後
  1980年代からは日本各地の風景に加え、下落合のアトリエから見える街の風景が多くなります。特に《昼の月》などの「月」シリーズは、画面に大きく空を取った構図が特徴的です。1999(平成11)年東光会理事長に就任、2001(平成13)年日展参与に就任し、東京にて83歳でその生涯を終えました。


年譜

梅津五郎近影
≪梅津五郎近影≫
1920年(大正9年) 0歳 5月5日、山形県白鷹町浅立に生まれる
1939年(昭和14年) 19歳 森田茂に師事
1941年(昭和16年) 21歳 熊岡美彦絵画道場に入門
1943年(昭和18年) 23歳 第11回東光会 《机上静物》 初入選
1946年(昭和21年) 26歳 第2回日展 《秋》 初入選
1949年(昭和24年) 29歳 第15回東光会会員 推挙
1956年(昭和31年) 36歳 第12回日展 《調理場》 特選受賞
1957年(昭和32年) 37歳 第23回東光会審査員 推挙
1958年(昭和33年) 38歳 安井賞展 入選
1962年(昭和37年) 42歳 フランス留学(63年まで)
1963年(昭和38年) 43歳 フランス滞在中にサロン・ナショナル・デ・ボザール展 初出品準会員 推挙
1964年(昭和39年) 44歳 第7回新日展 《風景》 特選受賞
1977年(昭和52年) 57歳 第9回改組日展審査員 推挙(外4回)
1978年(昭和53年) 58歳 日展会員推挙
1990年(平成2年) 70歳 日展評議員推挙
1995年(平成7年) 75歳 第61回東光会 《下落合風景》 文部大臣奨励賞
1999年(平成11年) 79歳 社団法人東光会 理事長就任
2001年(平成13年) 81歳 社団法人日展 参与就任
2003年(平成15年) 83歳 故郷山形県白鷹町に絵画104点を寄贈
7月28日、没する
梅津五郎画伯遺作展(11月15日−24日、白鷹町中央公民館)
2005年(平成17年)   梅津五郎作品展(9月28日−10月2日、山形美術館)
2008年(平成20年)   梅津五郎洋画展(6月10日−29日、致道博物館・鶴岡アートフォーラム共催)
2009年(平成21年)  

白鷹町文化交流センター開館記念展覧会
梅津五郎展:白鷹に生まれたある洋画家の生涯(10月4日−25日)

 

特徴

  ※只今、準備中です。

 

 

 

 

 


このページの上へ